Q.サックスの金額について教えてください。幾らくらいのものを購入すればよいのでしょう?

サックスサクソフォン)に限らず楽器のお値段というものは本当にピンキリで、どれくらいの価格帯のものを購入したらよいのか悩む所だと思います。 こういったことに関して、一概にこうであるとは断定しにくい問題ではあるのですが、 例としてアルトサックスの場合でいえば、入門器としておよそ10万円台前半~半ば程度のものをお選びいただければまず間違いはありません。

 

この価格帯よりも安価なものだと、壊れやすかったり、音が出しにくいといった問題が出てくることが度々見受けられます。 特に入門の頃は音が出ないのが自分のせいなのか、楽器のせいなのか判断できません。 だからこそ、信頼のおける楽器を用いて練習することが大切なのです。

 

管楽器の場合、価格の上昇に比例して楽器の造りが上質になっていきます。 各メーカーのサックスのラインアップを見てみますと30万円を越えたあたりから、所謂プロ仕様となるようです。造りが上質になっていくというのはどういうことかというと、 演奏者の演奏技術の向上に伴うサックスを鳴らすパワーを受け入れてくれるよう、 本体、部品の強度がしっかりと造り込んであるということです。

 

例えば、私、鈴木学のような専門の奏者が入門レベルのサックスに対して本気で息を入れると、 音が割れて汚い音になってしまったりする、ということがあります。 しかし、プロ仕様のレベルの楽器ではこういったことは起こりません。 つまり、楽器を購入する際にどのような価格帯のものを選ぶべきかというと、 演奏者の技術レベルに応じた選択をすることが原則であるといえます。

 

ただし、当スクールで初心者として入門器を購入された方のその後の様子を見てみますと、 入門器とはいえ、およそ10年程度は十分に満足して使用できるようです。 また、初心者さんが最初からプロ仕様の楽器で練習をしたとして、何ら不都合が生じることもありませんので、 結局は皆さんの価値観、懐具合から考えて、お好みの価格帯のものを選んでいただければよろしいかと思います。

 

音楽は趣味として一生の間付き合っていけるものです。 サックスの入門器の10万円代というお値段は絶対的な価格としてはやはり高価なものだといえます。 普段のお買い物の中でこれだけの金額を支払って商品、サービスを購入する機会は少ないでしょうし、やはり勇気も要ることでしょう。 しかし、皆さんのこれからの一生、ずっと付き合っていけるパートナーを得る為の投資だと思えば、 決して高価すぎるお買い物にはならないと思います。

 

サックスを手に入れることで必ず人生に大きな変化が起こるはずです。 楽器を購入することできっと、今までの自分と違う自分を手に入れることができます。 それはきっと支払った金額を遥かに超える価値となることでしょう。