Q.サックスってどんな楽器ですか?

フルートクラリネットサクソフォン(以下、サックス)、オーボエ、トランペット、トロンボーンなど 人が息を吹き込んで音を出す楽器を管楽器といいます。 この中でサックスは歴史的に最も新しく誕生した楽器です。 19世紀の中頃、ベルギーでアドルフ・サックス(この人の名前を取ってサキソフォンという名称になりました)という人が発明しました。

 

新しく生まれた楽器であることから、過去に積み上げてきた楽器製作上の工夫が取り入れられた結果、 例えばクラリネット、フルートと比べて指の操作は大変に易しいものになっています。 また、サックスは音を出すことについても他の管楽器よりもかなり容易です。 例としてあげると、当スクールのサックス入門コースに入会いただいた生徒さんの内、 全ての方が初回レッスン時にサックスをくわえて音を出すことに成功しています。 サックス以外の管楽器の場合、一回のレッスンですぐに音を出すのはかなり困難であるという事実と比べると、 サックスはとてもとっつきやすい楽器といえるでしょう。

 

サックスはとても柔軟な音色を持った楽器です。 吹く人により、また吹き方によって大変バラエティーに富んだ音色を奏でることができます。 サックスほど演奏者の個性を表現するのに適した楽器は無いともいえます。 このこと自体はサックスの大きな魅力なのですが、 裏を返せば柔軟であるが故に、楽器から出ているとは思えないような雑音、もろにチャルメラのような音までも吹き方によっては出てしまいます。 音色を柔軟に操ることができる代わりに、演奏者による楽器をコントロールする力量も求められるということです。

 

こう言ってしまうと、サックスの演奏は難しそうだとお思いになる方もいらっしゃるかもしれませんが、 実際は自分なりの音色を創り上げていくこと自体が、趣味としてサックスと付き合っていく中での醍醐味ともなります。 「鈴木サキソフォンスクール」の生徒さんたちのご様子からも、 サックスからご自身納得の音が出せた時が、皆さんにとって本当に大きな感動の瞬間となることがよく分かります。 そして、そんな感動の瞬間は、サックスとの付き合いが長くなっていけば何度でも訪れます。全くの初心者から一生の趣味としてサックス演奏に取り組んでいる方まで、 演奏者の技術レベルの高低に関わらず楽しめる懐の深い楽器、それがサックスです。